PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

共有フォトストリームの画像は劣化する / iOS6

(AppleのiPhone4SとiPad3を所持)

 結論から言えば、

共有フォトストリームはあくまで"閲覧目的"で使用されるもので、
オリジナルデータの保管場所および受け渡し方法には現状成り得ない。

 iOS6以前のフォトストリーム(自分のフォトストリーム)においてiPhoneやiPadにプッシュされる画像は劣化します(サイズが小さくなる)。具体的には 2448x3264 → 1536x2048 のように。
なので携帯端末では使っておらず、PCでプッシュを受け取っていました。
「自分のフォトストリーム」ではPCやMacで受け取る分には画像の劣化がなくオリジナルなのでした。


 それを踏まえてiOS6の新機能で目を奪われたのが「共有フォトストリーム」。
非常に簡単にiPhone、iPad等の端末間で画像を共有できるばかりか、総枚数制限、日付制限に特に言及がなく、今までどおりフォトストリームにアップロードした画像はiCloudストレージにカウントされない。
つまり、すべての写真を共有フォトストリームに入れてしまえばとてもスマートに共有・管理が可能ではないかと。
な・に・よ・り、カメラロールが空になればiCloudバックアップで容量の懸念がなくなってなお良い。(写真は容量にカウントされないiCloud上にあり、端末に保存されているフォトストリームはバックアップ対象外)


 ここまで来ると感動ですぐ実行したくなる!
携帯端末で扱うことになるのは劣化した画像になるが、見る分には困らず、PCにプッシュされた画像を保存してけば良いと決め、ろくにバックアップを取らずに実行。

すべて終わってから、容量・日付制限について海外フォーラムで何か言われてないか読みあさっていた時に、
「共有フォトストリームで画像が劣化していた」と不吉なコメントを発見。


確認してみたら、、なんとPCで受け取ったものが劣化している・・・。
携帯端末が受け取るものと一緒でした。ぬおおおお
「共有フォトストリーム」ではPCやMacで受け取っても画像は劣化したものになる。

ストリームに流した地点で再変換されているのか?
「自分のフォトストリーム」と仕様が同じと勝手に思い込んだ結果、

300枚は犠牲になったのだ(`・ω・´) 泣いてないよ


■簡単なまとめ(iOS6時点)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<自分のフォトストリームについて>
・iPhoneやiPadで画像を受け取る場合、3.1MPを超えるものは3.1MP相当に変換される
・MacやPCで受け取る場合、変換はなくオリジナルである

<共有フォトストリームについて>
・iPhoneやiPadで画像を受け取る場合、3.1MPを超えるものは3.1MP相当に変換される
・MacやPCで受け取る場合、これも3.1MP相当に変換される

※各端末のカメラの画素数は以下の通り
iPhone4S および iPhone5:8MP(メガピクセル)
iPhone4 および iPad3:5MP
iPhone3GS:3MP
iPhone3G:2MP
iPad2:0.7MP
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということで繰り返しになりますが、
共有フォトストリームはあくまで"閲覧目的"で使用されるもので、オリジナルデータの保管場所および受け渡し方法には現状成り得ない。


アップルサポートのShared photo streamには目を通していたのでせめてそこに少しでも書いてあれば、と思わなくもないですが、準備せず実行した私が完全に悪いですね。はい。

そういえば、海外でもアップルが共有ストリームの容量や日付制限を曖昧な表現にしている(無制限であると読み取れる)ことについて、なぜ明言しないのかと言及する方もいらっしゃいました。
早く情報欲しいですね。

| iPhone & iTunes | 03:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ashiato1.blog62.fc2.com/tb.php/80-5e57dd0d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。